ちゃんとoisix:スパイス香る豚のオレンジソースがけ

今回はちゃんとオイシックスメニューから『スパイス香る豚のオレンジソースがけ』をご紹介。
『ちゃんとoisix』というのは、一言で言うと一週間献立セット。
いつもご紹介しているのが単品のミールキットなのに対して、3daysと5days分がまとめて送られてきます。当然全部自分が選んだものというのは出来ませんが、セット販売されている分だけちょっと割安なのが特徴です。

この辺りのサービス詳細については、後日またご紹介するとして今回はその中のメニューの一つ、『スパイス香る豚のオレンジソースがけほか2品』をご紹介していきます。



レシピと封入食材

今回作る3品、それぞれのレシピはこんな感じです。作る行程が少ないからか、キットoisixならついている工程毎の挿絵がありません。

封入食材はこんな感じ、最近の小学生はよく食べるので大人三人前をオーダーしています。

スパイス香る豚のオレンジソースがけ

まずはパウチの中に入っている豚肉。こちら塩こうじ漬けの状態で届くので、これをまずしっかりと水洗い。

何だか勿体ない気がしますが、こうしないと塩っ気が強すぎるんだとか。
次に水気をふき取った後に、ワカモレスパイスを肉になじませて豚肉をこんがりと焼いていきます。スパイスと肉の焼ける匂いが既に美味しそう。

しっかり焼けた時点で皿へと移し、残った油で刻んだニューサマーオレンジを炒めます。全体の1/2を使ってオレンジソースづくり。なんですが、もう少し細かく刻まないといけなかったようです。

お皿へフリルレタスをちぎって肉に添えて、上からオレンジソース、更には残り半分のオレンジを飾って完成。

ソース感があんまり出てくれなかったんですが、豚の濃い味を柑橘の爽やかな感じが中和してくれる夏でも食べやすそうな一品に仕上がります。

かぶとパプリカのオイル和え

まずは蕪の皮を剥いていちょうの薄切り、パプリカを千切りにしていきます。パプリカがかなり立派なものが来ます。

大さじ1/2のオリーブオイルと塩一つまみを混ぜ合わせます。

器に盛り付けて完成。

ごちゃっと盛り付けてしまったので、自家製漬物みたいに見えてしまうかもしれませんが、蕪はえぐみが全くなくて、パプリカも瑞々しくて野菜を食べるあの億劫さを全く感じません。

ほうれん草のクリームスープ

このほうれん草は別に生でシャクシャク食べてるだけでも十分美味しいやつなんですが、まずは食べやすい大きさにカットして、油を敷いたフライパンへ小麦粉(小さじ2)と一緒に投入。

ざっと火が通ったところで、牛乳370ml、水150ml、コンソメをちょっとずつ入れていきます。

まとめ

オイシックスは何だか高級感のあるメニュー・レシピが多い印象を受ける中、『ちゃんとoisix』は定番メニューに一つアレンジを加えた、そんな印象です。しかもセットメニューなので、単品と比べてちょっとだけ安かったりします。
栄養とか考えながら毎日の献立考えるのにちょっと疲れた人、マンネリの味に飽きられてしまっているところなどにおすすめのサービスです。

【期間限定】biz-mom入りOisixプレママおためしセット