今日の献立:らでぃっしゅぼーやの人参ほか

前々からずっと気になっていたらでぃっしゅぼーやからお試しセットが届きました。

段ボールいっぱいに色んな野菜が詰まっていました。どんなものが入っていたとかの詳しい紹介はまた今度するとして、今回はその中に入っていたらでぃっしゅぼーや太鼓判野菜『香り高いらでぃっしゅぼーやの人参』を中心に夕食を作ってみました。



肉が添え物になる人参のグリル

今回使う人参はこちら。見た目にはそれほど変わりはありませんが、スーパーでは全然見かけなくなったような立派な2本が同梱されていました。

弱火でグリルするのが一番おいしく食べられるようなので、そのように。ちょっと長かったので、フライパンに収まる大きさでスライス。これを順番にフライパンへ並べていきます。

オリーブオイルをかけて弱火でゆっくりと炙っていきます。5分くらいじっくりと火を通していけばいい焼き目、人参の焼ける甘い匂いが漂ってきます。

味付けは塩コショウで十分です。でも流石にこれだけだと絵面的に寂しいので肉を添える事に、本末転倒な気もしますが。

あと緑色が欲しいという事で、豆苗を炒めたものも一緒に添えて完成。

ニンジン、ほんとに焼いただけなんですが超甘く仕上がります。

ニンジンごはん

もう一つ、人参レシピで掲載されていたのがこのニンジンご飯。

にんじんを単体で炊き込みご飯に、なんて正味考えた事もありませんでしたが、甘さを引き立てるなら炊飯窯というのは日本人なら誰でも知っている事なので、これは期待できるかもしれません。
という訳でまずは人参を千切りに。と思ったんですが、包丁スキルが足りなかったので細かめの短冊切りに。

白米2合に少し少な目に水を張り、出汁、みりん、すりごまを加えます。

炊きあがりはこんな感じです。人参は思っているより更に甘く仕上がるので、醤油などで一緒に焚きこめば塩っ気が引き立って美味しく仕上がります。

ローストビーフサラダ

個人的にはここに味噌汁でもあれば十分一食成り立つと思うんですが。せっかくなので一緒に送られてきたミニトマトと生で食べても美味しいという春菊を使ってもう一品作っていきます。

水洗いした二つの野菜をリースとビーフと一緒に盛り付けて完成。こちらはまだソースをかける前です。

春菊って鍋に入れるもの一択だったので、サラダとして食べること自体が斬新です。トマトも酸味がくどくなくいちごをつまんでいるような感覚でパクパクと食べ進められます。

まとめ

今回はこれで以上です。
らでぃっしゅぼーやは一品一品を見ていくと、普段食べている野菜とは全く違う!!なんていう事は残念ながらありません。普段食べている野菜と比べるとちょっと美味しい、そして何より作り手さんが一品一品紹介されているので安心感があります。
いつもよりちょっと美味しい野菜だから、普段ミニトマトや人参が嫌いな子供もちゃんと食べて、しかもおいしいって言ってくれるので、このちょっとの違いが重要なのかなと思える一品でした。