オイシックス:にしんとじゃがいもの温かいサラダ

配送遅れで1週間待つことになりましたが、やっと手元に届きましたオイシックス
という訳で今回はオイシックスで購入した『にしんとじゃがいもの温かいサラダ』を作っていきます。

にしんとじゃがいもの温かいサラダ

今回材料はこんな感じ、サラダなので材料は少な目ですがにしんをサラダに使う発想は多分一生かかっても出てこないでしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20220130233130j:plain

完成はこんな感じになる予定です、今回は上にレモンを飾り付けるのでこれさえあればなんとなく形になりそうです。

f:id:aoi0730kanon0930:20220130233433j:plain

レシピの行程は5つとサラダにしては多めですが、特別な技術を要するものは無さそうです。

f:id:aoi0730kanon0930:20220130233504j:plain

メインとなるじゃがいものほかの野菜はかぼちゃとビーツ。ビーツとか見るのすら初めてだったんですが、出血したような真っ赤な汁に初見だとだいぶ動揺してしまうところでしょう。あと上に載せるレモンともう一つのメインとなるにしんもこの時に切り分けておきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20220130234003j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20220130234054j:plain

次にサラダの香りづけの中心となるクミンを香りづけしていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20220130234148j:plain

30秒ほどすると香辛料独特のカレーみたいなそうでもないみたいな、いい香りがしてきます。
じゃがいもはラップでくるんで5~6分、じゃがいも大きい場合は上手い事崩れてくれないので、切れ目を入れておくなり工夫がいるかもしれません。
上手い事崩れてくれたらかぼちゃ、ビーツと一緒にドレッシング入れて和えていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20220130234854j:plain

にしん、混ぜ合わせたこれ、最後にレモンを盛り付けて完成。

f:id:aoi0730kanon0930:20220130234928j:plain

頑張ったつもりなんですが、そこはかとないコレジャナイ感が漂ってしまうのが悲しいところ。

豚とネギのすき焼き風

サラダが魚介なので、もう一つは肉で。まずは最寄りのスーパーで安いときを狙ってストックしておいたお徳用豚肉を炒めていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20220130235613j:plain

その間に材料を切り分け。太いネギは基本美味しいというのを以前学び、見かければ積極的に購入するように。今回は滋賀守山が誇る『ほたる葱』なるものを購入。

f:id:aoi0730kanon0930:20220130235935j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20220130235932j:plain

一旦豚肉だけで下茹で。ざっと強火で茹でればアクが中心に集まってくるので、ひとしきりすくって捨てる。改めてほかの食材を入れます。醤油、みりん、砂糖で味付け。

f:id:aoi0730kanon0930:20220131000523j:plain

そのままご飯の上にワンバウンドさせながら食べても小鉢に寄せても、すき焼きのように卵を絡ませても美味しく頂けます。

f:id:aoi0730kanon0930:20220131000700j:plain

ほたるいかとキノコのアヒージョ

なんか手軽にもう一品、そんなときはやっぱりアヒージョです。なんたって、大抵のものは美味しく作れる。今回は消費期限を跨ぎそうなので冷凍室に放り込んだほたるいかと6品440円で買い置きしたマッシュルーム。
小さめのフライパンに材料が浸るくらいのオリーブオイルを敷いて熱し、材料を入れていきます。ニンニクと塩コショウで軽く味付けすれば素材の味だけで十分美味しく頂けます。

f:id:aoi0730kanon0930:20220131001503j:plain

あとは色味だけ美味しそうに仕上げる技術さえできれば完璧なんですが。

まとめ

今回はこれで以上です。
オイシックスに限らずなんですが、レシピを材料ごと提供してもらえると自分レパートリーが広がるのが嬉しいところです。今回はニシンでしたが、アジの南蛮漬けでもいわしの開きでも応用が利きそうなだけに今度アレンジレシピにでも挑戦してみようと思います。