オイシックスグルメ:香ばし唐揚げのトマトシーザー仕立て

今回はオイシックスグルメ『香ばし唐揚げのトマトシーザー仕立て』です。
完成予定図はこんな感じ、から揚げ+野菜4種とボリューム的にも栄養も見た目も全部まとめてカバーしてくれそうな感じのメニューです。

調味料の内、オリーブオイルと酢は予め用意しておく必要があるので切らしてないか確認しておきましょう。おうちに帰ってから揚げ物作るって結構心理的なハードルが高い(ありていにいうと面倒くさい)のですが、このメニューはから揚げが出来上がったものが封入されているので、全工程ゆっくり目に作っても30分で2品悠々と出来上がります。


香ばし唐揚げのトマトシーザー仕立て

改めてレシピはこんな感じ、工程は全部で5つ。

まずはかぼちゃを2cmサイズにカット。耐熱容器に入れて500Wでレンチン1分。玉子は十字に四等分にカットです。

フライパンにオリーブオイルを敷いてから揚げを焼いていきます。から揚げを5,6分炙ったところで、カットしたかぼちゃも一緒に投入してさらに2分加熱していきます。

加熱する前後にトマトシーザーソースづくり。同梱のシーザードレッシング、トマトソース、それに酢を入れて混ぜます。

皿の真ん中へキャベツ、その周りにフリルレタス、キャベツの上にから揚げ、その周りに玉子とかぼちゃを盛り付けてドレッシングをまんべんなくかければ完成。

から揚げはももでなくヘルシーなむね肉なので火の通りが足りないと思ったら、追加でレンチンしても美味しく食べられます。写真は2人前ですが、大人二人+子供二人なら十分な量です。

なすと玉ねぎの洋風蒸し

副菜はなしと玉ねぎを使った料理、レシピはこんな感じ。

なすはヘタを落として皮をむいて乱切り、玉ねぎは薄切り。両方ラップをしてレンチン500W3分。

形が崩れないように器に入れてバター、コンソメ、塩、醤油を入れてこれまた形が崩れないように混ぜます。レンチン3分の時点でかなりぐずぐずになるので、様子を見ながら温めるのが良いかもしれません。

見た目の通り茄子がかなり柔いというか脆いです。個人的にバターの風味が好きなので味自体はちょうど良いですが食感は正直イマイチ。いっそ皮をむかずに作れば食感部分はカバーできたような気もする何とも不思議メニューでした。

まとめ

今回はこれで以上です。
僕みたいに下手の横好きでご飯作ってるわけじゃなく、世の中のお父さんお母さんたちはきっと毎日のメニューも苦も無く考え付くんだと思うんですが、どうしても味付けとかメニュー、ジャンルなんかに偏りが出来てしまったりしませんか。
子供が喜ぶので、我が家でも週1食はカレーが巡ってくる日はあるものの、そういうのとは別にして毎日毎日斬新なメニューを作るのは大変です。
そういったマンネリ回避と料理の効率化の勉強、レシピ習得を目的として我が家ではオイシックスを利用しています。この便利さ、手軽さばっかりは実際に作ってみないとわからないかと思いますので、気になる方はお試しセットを頼んでみる事をおすすめします。