oisixは高いの?実際利用してみた感想とともにご紹介していきます。

今回は僕もたまに利用させていただくオイシックスoisix)についてご紹介していきます。

 

oisixって?

割とメディアでも見かける事の多いミールキットの宅配と販売のサービスです。
ミールキットって?っていう方は↓の写真をご覧いただければわかるかと、要は何人前かの材料を宅配してくれるサービスって理解でOKです。

f:id:aoi0730kanon0930:20211223220137j:plain

結構気になっているけど実際どうなんよ?と思っている方も多く、僕自身もその一人だったので試しに買ってみた、という訳です。

コスパ的にはちょっと。。

買う前に勿論前評判なんかは色々確認しました。で、その中で多かったのが
ちょっと高くない?
そこら辺を検証していきます。今回買ったのは二人前セット『そぼろと野菜のビビンバ』、韓国風スープも一緒に作れるセットで1,180円というもの。中身はこんな感じ。

f:id:aoi0730kanon0930:20211223224758j:plain

材料としてみるとやっぱりちょっと高いかな感は否めません、まあ送料込みなのでお値段がある程度張るのは致し方ないのでしょう。
デフレの昨今、丼でいうなら牛丼チェーンのコスパが良すぎるのもあって、丼2人前は5~600円で食べられることを考えると正直あまり魅力は感じないかもしれません。

じゃあどんな人におすすめ?

ノウハウの教科書としておすすめ。20分で2品作れる

僕自身たまに利用させてもらう理由がこれ。僕も料理はするんですが、レパートリーは正直それほど。。じゃあレシピって入れて調べたら?って思うかもしれませんが、土台何を作ればいいのか、じゃあ何を買ってくればいいのかから始めないといけないわけで、結局行き詰まっちゃうわけです。
オイシックスにはレシピは勿論、作り方、順番までしっかり明記されています。数種類試しましたがどのレシピも大体所要時間20分とされていて、どんくさい僕でも同じ所要時間で作ることが出来るように設定されているようです。

f:id:aoi0730kanon0930:20211223230228j:plain

特に段取りって料理に慣れていないと難しくて、簡単なものでも1時間くらいは余裕でとられてしまうんですが、作業の順番を厳密に指定してくれるので段取りよく調理を進めることが出来ます。また作業の段取りを覚える事でほかの料理を作る時の手順の組み立ても出来るようになっていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20211223234853j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20211223234856j:plain

自分の味付けに飽きちゃった人におすすめ

段取りよく料理が出来るようになりました、じゃあ次に気になるのが味付け。自分で作るので、まあ当然自分好みの味付けが多くなるのは当たり前っちゃ当たり前ですよね。オイシックスには和・洋・中他にも色んなジャンルの料理が用意されています。そしてそれらは有名店のシェフだったりが監修しているレシピだったりが惜しげもなく公開されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20211223231723j:plain

なので、色んな味が楽しめてしかもどれも美味しい。材料代が高いという方は何なら二回目からは近所のスーパーに走ればOK。特製ソースなどが直で入っていて再現不可のものも中にはありますが、プロのレシピを教えてもらう代金込みと考えれば高くはないと考えています。

毎日の栄養バランスが心配な方におすすめ

オイシックスの一食は大体500円~800円くらい、食べ物屋さんに行くよりちょっと安い、そのくらいでしょうか。でも外食だとどこに行きましょう。ちょっと前までは丼チェーン、ラーメン屋、うどん屋。そんな感じだったのですが定食屋が充実してきたのでバリエーション豊かにはなったと言えます。でもやっぱり野菜を中心に不足しがち。
オイシックスはそこら辺を心得ているというのか、元々得意分野なのか不明ですが、野菜メニューが豊富でしかもおいしい。特にケールのサラダは普通にリピ買いしてしまうおいしさでした。

f:id:aoi0730kanon0930:20211223233452j:plain

野菜の取り方、特に美味しく楽しく摂取というのは心がけていても難しいもんです。

まとめ

ご紹介としてはこんな感じです。
今後もちょいちょいオーダーするので実際作ってみた感じも公開できればと思います。
材料を買ってくるだけならオイシックスに魅力はありません。オイシックスは食材の宅配ではありません、レシピとノウハウを勉強する教材です。
おいしさばっかりは試していただくしかないわけで、お試しキットで様子見というのも一案です。