今日の献立:街のみなとでキンメダイとマトウダイ

外もすっかり春らしい陽気になってくるとお店に並ぶ食材もめっきり春らしいものが並んできます。今日の食材はこれ。

金目鯛って生で見るの初めてやったんですが、ほんとに目が金色のてかてかなんです。あとこちらのマトウダイ、鯛って名前付いてるけど生物としては鯛とはちゃうらしいんですが。

金目鯛とマトウダイの刺身

生物学上はともかく、鯛は鯛なのでまずはなによりお刺身でしょう。

街のみなとさんでは、丸ごと一尾魚を買ってもウロコ挽き、2枚、3枚おろし、皮挽き、逆に皮を残してなど色々お願いが出来るので包丁スキルが足りない場合でも安心です。

金目鯛の煮付け

金目鯛の定番と言えばやっぱり煮付け。味も勿論ですが、鮮やかな赤色は見た目も華やかに食卓を彩ってくれます。
どっちでもいいんですが身が崩れないように軽くフライパンで炙ります。

鮮やかな色を極力残したいので、沸騰したお湯にお酒、みりん、砂糖、醤油。弱火で煮込んでいきます。
お皿に盛り付けて完成、正直食べる上で特に意味はないんですが金目の煮付けには木の実が一番よく合います。

若竹煮

もう一品はこれも春の定番食材たけのこ。まだちょっと高いので奮発した分わかめは乾燥で我慢です。

まずはたけのこを食べやすい大きさにカット。あんまり薄すぎると煮崩れるのでそこそこの大きさをキープするように気を付けて切っていきます。

お鍋に広げて下炒り。

出汁汁を足して弱火に。わかめを足して更に煮ていきます。ワカメの塩っ気がでるので味付けは最低限で問題なし。

まとめ

今回はこれで以上です。
春は行楽シーズンなので、寒いのも和らいで俄然外へ遊びに行きたくなるところですが、お店の食材も美味しいものが色々と出回る季節なので、普段自炊しない方もちょっと簡単なものでも作ってみると新しい発見があるかもしれません。
ご飯作りデビューならこちらがおすすめ。