明日の献立1/18:亀山みそ焼きうどん

ご当地(B級)グルメって全国結構どこにでもあって、どれも結構おいしいですよね。なんかハマってしまって、家で何度食べても美味しいものもあったり。それが今回の亀山みそ焼きうどんです。

今日の食材

本日の食材はこんな感じ。みそ焼きうどんにキャベツとホルモン2種はマストです。

f:id:aoi0730kanon0930:20220117233150j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20220117233148j:plain

他に立派なアスパラがあったのでベーコンと一緒に購入。

調理開始

亀山みそ焼きうどん

亀山みそ焼きうどんは亀山ローソクで有名な三重県亀山市ご当地グルメで、ジャンル的には焼きうどん、違うのはソースじゃなくて特製みそを絡めて焼くところでしょうか。本来鉄板一面を使って豪快に焼くところなんですが、フライパンなどでも十分おいしく作れます。
まずは、油を敷いたフライパンに硬い野菜から順に火を通していきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20220117234701j:plain

一旦皿にあげて、今度はうどんを炒めます。最後に合わせて味噌だれを絡め、全体になじむようにすれば完成。

f:id:aoi0730kanon0930:20220117235010j:plain

他の肉でもできますがソースより更に濃厚に仕上がるので、やっぱり味が負けてしまわないホルモンがよく合います。

副菜1:甘エビのアヒージョ

以前どこかの港へ行ったときに買い置きしておいたエビを副菜に。
オリーブオイルをあればスキレット、なければ小さめのフライパンに浸すように広げ、甘えびを投入。ニンニク・塩コショウで味付け、ブラックオリーブなんかあったらより彩りよく仕上がります。

f:id:aoi0730kanon0930:20220117235825j:plain

副菜2:アスパラベーコン

アスパラがおいしそうなら当然曽於に合わせるのは当然ベーコンでしょう。長めのベーコンを買ってくれば一本丸ごと巻けるので、これをグリルで。

f:id:aoi0730kanon0930:20220118000211j:plain

おつまみ:栗じゃがいも

以前オイシックスのおためしセットについてきたお野菜の一つがこの栗じゃがいも。

f:id:aoi0730kanon0930:20220118000305j:plain

ふかしてバターだけで十分うまいという事だったので、その通りに。

f:id:aoi0730kanon0930:20220118000736j:plain

色味がどっちかサツマイモですね、そして名前の通り栗を食べているような香ばしい味わいは一言で言えば超うまいです。

まとめ

今回はこれで以上です。
亀山みそ焼きうどんは名店に食べに行けば間違いないんですが、市販の調味料が秀逸なので、おうちグルメでも十分再現が可能です。今回紹介したのは麺とタレがセットになったタイプ。

麺がやわ目なので、もう少し弾力が欲しい方はタレ単品タイプを買ってきて、麺をカスタマイズするのもありです。

値段だけ単純に考えればこっちのが断然安いので、麺と味付けの好みが固まってきたらこっちがおすすめ。みそ焼きうどんだけじゃなくて、田楽味噌にも味噌ラーメン用のスープの下地にも、ビーフシチューの隠し味にも。いろんな場面で大活躍してくれるので、買って損はありません。