明日の献立なあに?

作り置きに適しているかどうかは関係ない。明日用の献立を載せ挙げていくブログです。

明日の献立12/20:蕪とか和食とか

昨日食卓が全体的に濃かったので今日は和食を中心にメニューを組み立てていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20211220231845j:plain

和食じゃないけどサラダ

和食作るって言いながらのっけから作るのはサラダ。でも生野菜摂取は大事じゃないですか。ターサイはいかにも葉が美味しそうな野菜ですが、苦みがあるそうでサラダにするなら茎の方。

f:id:aoi0730kanon0930:20211220232654j:plain

茎と水菜の芯を軽く茹でて盛りつけ。刻んでカリッと焼いたベーコンちらし、粉チーズとドレッシングをかけて完成。

f:id:aoi0730kanon0930:20211220232550j:plain

葉の方はサッと野菜炒めに

葉の方はとても美味しそうですが生食には不向き。

f:id:aoi0730kanon0930:20211220232900j:plain

ベーコンと一緒に油を敷いてフライパンへ。ごくごく簡単にオイスターソースで味付け。

f:id:aoi0730kanon0930:20211220233023j:plain

和食の定番大豆とひじきの煮物

大豆とひじき、和の食材の取り合わせでこれ以上相性のいいものがあるでしょうか。しかもどっちも栄養たっぷり。作り方も超簡単、ひじき、輪切りにしたちくわ、大豆、人参辺りを煮る。

f:id:aoi0730kanon0930:20211220233607j:plain

味付けは出汁のほか、醤油、みりん、砂糖。水ひたひたにして落し蓋、水分が三分の二になるくらい煮詰めれば完成。

f:id:aoi0730kanon0930:20211220233637j:plain

蕪と言えばそぼろあんかけ

蕪、形状・用法は大根と何ら変わりありませんが、割と年中見かける大根に比べると冬しかなかなか見かける事のない蕪。

f:id:aoi0730kanon0930:20211220234200j:plain

蕪を使った料理と言えばそぼろあんかけでしょう、というかそれ以外の料理法をほぼ知らないと言って良いレベルです。巷のレシピでは根元の茎を残してまとめて煮るというのをよく見かけるんですが、正直食べにくい上に結局茎の部分は食べません。
なので、根と茎それぞれを食べやすい大きさにカット。硬い茎と鶏ミンチを予め炒めておき

f:id:aoi0730kanon0930:20211220234913j:plain

出汁で薄めに煮込んでいきます。ひとしきり煮込めたところで水溶き片栗粉を回しかけてさらに一煮立ちして完成。

f:id:aoi0730kanon0930:20211220235424j:plain

ちょっと食材買いすぎて急いで履けないと。。